ZEHの基準を超える高性能

  • TOP
  • ZEHの基準を超える高性能

家族が安心して暮らすために―高性能・高耐久な住まい

どれだけ見た目のデザインがかっこよくても、室内に使いやすい設備が整っていても、「長持ちしない」「地震に弱い」住まいでは、安心して暮らすことができません。滋賀県大津市のArchi(アーキ)では、独自の部材や耐震性チェックシステムを採用し、快適、かつ安心して長く暮らせる住まいをつくり続けています。

とりわけ、太陽光発電などでエネルギーを創出するエコ住宅を推進するZEH(ゼッチ=ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)の基準を超える省エネかつ高性能な住まいは、大変ご好評いただいております。

省エネルギー―高気密・高断熱が実現する「燃費の良い住まい」

「3つのこだわり」でつくる、笑顔の絶えない住まい

オリジナル部材「高性能断熱パネル」で、夏は涼しく、冬は暖かい家

自動車を走らせるためには、燃料が必要です。「毎月のガソリン代や駐車場代がバカにならなくて……」なんて話もよく耳にしますが、実は住宅も同じ。住まいにも、冷暖房などのランニングコストがかかります。

Archiでは、オリジナルの高性能断熱パネルや高性能窓サッシを使うことにより、長期優良住宅基準を大幅に超える性能を実現。「燃費の良い住まい」を、みなさまにご提案しています。

長期優良住宅基準は「次世代省エネルギー基準」をもとに判定されますが、実はこれが定められたのは10年以上も前のこと。この基準を満たすだけでは不十分だと私たちは考え、この先も「住宅の燃費」にこだわり続けます。

Archiの高気密・高断熱へのこだわり

住宅の気密性能はC値という指標で表され、数値がゼロに近いほど隙間が少なく、気密性能が高いことになります。これまでの日本の目標は5.0(cm2/m2)ですが、Archiでは住まいの燃費向上のために高気密にこだわり、ご提案する住まいの標準値は0.5(cm2/m2)となっています。なお、Archiでは標準値以上の気密性能かどうかを、全棟もれなく試験を実施しています。

また、断熱性能はQ値またはUA値という指標で表され、数値が小さいほど熱が逃げにくく、高断熱な家と言えます。Archiでは次世代省エネ基準を大きく超える断熱性を持つ住まいをご提案しています。

高断熱の指標となる「Q値」と「UA値」

住宅の断熱性は「Q値」または「UA値」という指標で表されます。この数字が小さいほど熱が逃げにくい“高断熱な家”になります。Archiは、Q値・UA値ともに日本の断熱化基準である「省エネ基準」(4?6地域=東北の一部?九州の一部での等級4)を大きく上回っています。

  等級4 Archiの平均
4(旧Ⅲ)地域 5,6(旧Ⅳ)地域
Q値 2.4W/㎡・K 2.7W/㎡・K 1.6W/㎡・K
UA値 0.75W/㎡・K 0.87W/㎡・K 0.42W/㎡・K

高気密の指標となる「C値」

住宅の気密性は「C値」という実際に測る指標で表されます。C値は床面積1㎡あたりの隙間面積(?)で示され、数字がゼロに近いほど隙間の少ない“高気密な家”になります。これまでの日本の目標は5.0(?/㎡)。それに対してArchiの標準は、その10分の1の0.5(?/㎡)以下です。

高気密の指標となる「C値」

Pick Up!! 笑顔が絶えない家づくりを目指して

Archiは「笑顔の絶えない住まい」を目指すため、トップクラスの熱交換換気「澄家 Ecoスーパー」を標準仕様にしています。

トップクラスの熱交換換気「澄家 Ecoスーパー」とは

トップクラスの熱交換換気「澄家 Eco」

Archiが標準仕様に取り入れている、「澄家Ecoスーパー」は温度交換率90%と、トップクラスの性能をもつ換気システムです。また、湿度交換率も高いので、冬は過乾燥対策に、夏の蒸し暑さを緩和します。高気密・高断熱な構造に加え、「澄家Ecoスーパー」の導入により、さらに、エアコンのエネルギー負荷が減るので省エネにも効果的。

Archiは「笑顔の絶えない住まい」を実現させるためには「家族みんなが快適に暮らせる家」「環境にやさしい家」だと考えています。 このような、性能の高い設備を取り入れ、長く快適に暮らせる住まいを提案し続けます。

  • トップクラスの熱交換換気「澄家 Eco」
  • トップクラスの熱交換換気「澄家 Eco」

耐久性―結露を防いで、木造住宅の耐久性をアップ

建築家がデザイン――アトリエ建築家とつくる「理想の家」

木造建築は木が腐りさえしなければ非常に長持ちします。木を腐らせてしまうのは「木造腐朽菌」という菌。これは、結露によって木材が含む水分が増えることで発生します。

Archiの注文住宅は、オリジナル高性能断熱パネルが躯体内の乾燥状態を保ち、計画的な機械換気によって適度な湿度を維持します。この仕組みによって結露を防ぎ、住まいの耐久性を高めます。

耐震性―地震に強い家

建築家がデザイン――アトリエ建築家とつくる「理想の家」

構造専門の設計士が耐震性をチェック

Archiでは、すべての注文住宅について、構造専門の設計士が耐震性をチェック。建物への荷重、風圧力、地震力、接合部の確認、基礎の設計、偏心率など、さまざまな面から耐震性を確認し、地震に強い住まいをつくります。

面全体で力を支えるパネル工法

当社はオリジナルのR+パネルを使用した「パネル工法」を採用。パネルが面全体で力を支えることにより、建物にかかる力が分散し、横からの強い力にも耐えることができます。

地盤改良工法を標準採用―地震の横揺れ・液状化にも強い

地盤に孔(あな)を掘り、砕石を詰め込んで石柱を形成する地盤改良工法、「HySPEED工法」を標準採用。
従来の鋼管やセメント柱で家を支える方法は、大地震時の「せん断力」に弱いとされていますが、「HySPEED工法」は地盤そのものを強くすることができるため、地震の揺れによる共振をやわらげる効果があります。

また、強い地震の際にはかならずと言っても良いほど問題となる地盤の液状化。「HySPEED工法」では、砕石杭自体が水を通すため、水圧を逃がし、液状化発生のリスクを低減できます。

TOP