保証・アフターメインテナンス

  • TOP
  • 保証・アフターメインテナンス

「建てたあと」も、住まいと暮らしをサポート

高品質な住まいを手の届く価格でご提案する、滋賀県大津市の「Archi(アーキ)」の注文住宅は、「家を建てたら、それで終わり」ではありません。お客様にとって、マイホームは大きな買い物。確かな保証と安心のアフターメインテナンスをご用意して、お客様の大切な住まいと暮らしを、長くサポートさせていただきます。

Archiの保証とアフターメインテナンス

住まいの真価が本当に問われるのは、お客様のあらたな暮らしがスタートしてから。「家が建つまで」ではなく「家が建ってから」も、保証とアフターメインテナンスというカタチで、Archiのサポートは続きます。

品確法に基づく10年保証

品確法に基づく10年保証

「住宅品質確保促進法(品確法)」とは、新築住宅の基本構造部分(柱や梁など住宅の構造耐力上主要な部分、雨水の浸入を防止する部分)について、完成引き渡し後10年間に何らかの瑕疵(欠陥)が見つかった場合、施工を担当した工務店や不動産業者に無料補修などが課される制度のこと。Archiがつくる住まいにも、例外なくこの保証が適用されます。

長期優良住宅認定による優遇措置

長期優良住宅認定による優遇措置

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」では、住宅の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積、維持保全計画の9項目について、一定の基準を満たした住宅を「長期優良住宅」と認定することが定められています。長期優良住宅認定を受けると、各種減税やローン金利優遇など、さまざまなメリットが得られます。

Archiがご提案する住まいの標準仕様は、長期優良住宅基準を大きく上回っており、また認定のための申請もArchiが責任を持って行いますのでご安心ください。

資産価値を維持するアフターメインテナンス

資産価値を維持するアフターメインテナンス

住まいは「暮らす場所」ですが、その持ち主、またその家族にとっては、一つの大切な資産でもあります。ただ、金融資産などと大きく異なる点は、放っておくと築年数が長くなるにつれて資産価値が下がってしまうということ。

その資産価値の減少を少しでも回避するためには、定期的なメインテナンス、必要に応じた補修・修繕による手入れが欠かせません。Archiでは、住まいをお客様の資産ととらえ、その価値を守るためのアフターフォローを重視しています。

住宅履歴がもたらすメリット

住宅履歴がもたらすメリット

Archiでは、家を建てていただいた際の「住宅履歴情報」をデーターベース化しています。その中には、設計から施工、完成引き渡し後のメインテナンスや補修・修繕などの、住まいに関わる情報が詰まっていますので、さまざまな場面でお客様に役立てていただけます。

たとえば、設備の補修・交換が必要になったとき、部品の品番や器機の種類などが一元管理されているため、迅速な対応が可能となります。さらに、過去に実施されたメインテナンスも把握できますので、将来的にどのような修繕・補修が必要か? リフォームを考えるべき時期は? といった先のプランが立てやすくなり、費用の計画的な積み立てにも役立ちます。

また、家を売却するという話になった場合でも、住宅履歴情報があれば家の素性・健康状態が把握できるため、査定でプラス評価につながったり、より有利な条件で売却できたりする可能性があります。

TOP